スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在来浴室かユニットバスか?①

ウッドデッキ材の次に決めたのは浴室でした。

決めたと言っても細かい仕様などを決めたわけではなく。。。
要は在来浴室にするのか?ユニットバスにするのか?というお話です。

C社と契約するまでは。。。
私の気持ちは在来浴室に決まっていました。

通常、在来浴室を選択する方というのはデザインや仕様、雰囲気や環境かどにこだわりがある場合がほとんどでしょうか?
・檜張りにしたい
・タイルを張りたい
・この浴槽が使いたい
・窓の位置にこだわりたい
・ユニットバスでは選べないこの設備が入れたい
・洗面所~浴室までをオープンな空間にしたい(これはある程度ユニットでも可能ですが)

。。。etc

山のおじさんに『在来で』と伝えた時。。。
『好きなデザインを画像などで教えて下さい』と言われました。

なのでweb上や雑誌などで浴室のデザインを隅から隅まで洗いました。

が。。。

特別『これが良いっ』というものがはっきり言って一つも無いんです。

使いたい浴槽や設備があるわけでもなく。。。
天窓で星が見たいわけでもなく。。。
ましてや洗面所から丸見えのガラス張りなんてもってのほか。。。

むしろシンプルな空間で誰にも干渉されずに。。。閉ざされた場所でゆっくり入ることが出来ればそれで良いんです。

要は浴室のデザインに全くこだわりが無かったんです。ちなみに妻は私以上に浴室へのこだわりはありませんでした(笑)
(上記のものを否定した記事ではありません。私達がデザイン音痴なだけです。)

ただ。。。

唯一憧れる浴室があるとすれば。。。

森の中や海岸などの『大自然の絶景に対して開いた浴室』です。

誰からも見られないことを前提に。。。
絶景に対して外窓をオープンにし。。。
外に開いているけど完全にプライベートな空間。。。

↓こんなのや

003.jpg


↓こんなの

海の見えるバスルームのオーバーヘッドシャワー-thumb-400x488-2727

↓これも

Ultra-Luxury-Bathrooms_39.jpg

↓これも

スイスの高級山荘のお風呂

(画像は全てお借りしています)

大自然の前では。。。浴室のデザインなんてどうでも良くなる気がします。

夢のまた夢ですがこれには憧れます。
2件目を建てることがあれば是非大自然の中にと思っています。
(まだ1件目が完成もしていないのに何を言っているのでしょう。笑)

しかし。。。

今我が家が建設されている土地は。。。

畑と民家に囲まれた場所。
これが現実ですので(笑)、不可能。。。
(作られた坪庭では返ってストレスがたまりそうなのでやめました。手をかけられる自信もないし。。。)

ではなぜ。。。
こだわりもないのに在来浴室なのか??

その理由はただ一点。。。
『カビ』です。

私。。。
ど~しても(浴室に限らず)カビが増殖するのだけは許せないんです。

(あれ?ユニットバスのほうがカビにくいんじゃないの?)

といったご意見が沢山ありそうですが。。。

その話は次回の記事に。



お風呂は↓も参考にして下さい

にほんブログ村 トラコミュ WEB内覧会*お風呂へ
WEB内覧会*お風呂


建築家との家づくりは↓も参考にどうぞ

にほんブログ村 トラコミュ 建築家と家作りへ
建築家と家作り


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

在来浴室かユニットバスか?②

前回記事

『カビ』を理由に『在来浴室』を選択しようとしていた。。。

というところまでお話しました。

しかし。。。
ユニットバスのほうがカビにくいというのが一般論ではないでしょうか?

在来浴室のほうがカビにくいと考えたきっかけは。。。

ある地元のビルダーのモデルハウス見学時でした。
そこで私達は『ユニットバスはカビるので在来しか施工してません』と説明を受けました。

この説明を素直に受け入れたのは。。。
私(夫)の今までの経験からでした。
私は現在を含め幾つかのアパートを経験しています。

勿論全てユニットバスなのですが。。。

これが全て。。。


『カビる(た)んです!!』

ただ。。。ユニットバスは日々進化を遂げているので。。。

新しいアパートに変わる度に壁や天井・浴槽の表面はどんどんカビにくいものになっているのを肌で感じていました。

でも私がユニットバスで『カビの増殖』を感じるのはそれらの部分ではありません。
それは。。。

浴槽の裏の部分!!

(え?見えないじゃん。。。)

そう。普段は一切見えないんです。
でも私が今まで使ってきたユニットバスは。。。
浴槽の横の部分(エプロンと言うようです)が外せて浴槽の裏側(内部??)が見えるんです。

内部はそれはもう。。。『ぎゃーっ』となるホラーの世界ですよ(笑)
(画像も探しましたが。。。見てるだけで具合が悪くなってきたので止めました。苦笑)

そして内部が見えるからと言って簡単に掃除が出来るような感じではないんです。
長い柄のものを使ったり色んな洗剤を駆使したり。。。もう一大事です。

それで全て取りきれるわけでもなく。。。
ある程度取れたとしても数日経って覗くと。。。

また『ぎゃーっ』(笑)

だから私の中では。。。

ユニットバス=『カビる。そして手間がかかる。』

というイメージだったんです。
だから『ユニットバスはカビるので。。。』という説明を素直に受け入れ『在来浴室にしよう』という考えになっていたんですね。

でも。。。

最近の住宅で使用されるようなユニットバスって違うんですね。

浴槽のエプロンは外れないようになってるし。。。
点検用の蓋はあるんですが。。。そこを外しても浴槽の側面しか見えず裏側(内部)は確認出来ない構造。。。

そもそも内部には湿気が入らないようになっているとも説明を受けました。

でもそれってどうなんでしょう?

いくら裏側が見えないとは言っても湿気の入り込みを100%防ぐのは難しい気がします。
推測になりますが。。。
下手するとカビづらい壁や床・天井も裏側は湿気が入り込み。。。
カビの温床になっているかも。。。

あくまで憶測ですし。。。そんなことまで気にしていたらキリがありませんね。。。

次回は『在来浴室とカビについて』です。
(次回で完結させます)

お風呂は↓も参考にして下さい

にほんブログ村 トラコミュ WEB内覧会*お風呂へ
WEB内覧会*お風呂


建築家との家づくりは↓も参考にどうぞ

にほんブログ村 トラコミュ 建築家と家作りへ
建築家と家作り


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

在来浴室かユニットバスか?③

ここまでのまとめ

在来浴室かユニットバスか?①

在来浴室かユニットバスか?②

ここまでのお話しは↑の過去記事をご参照下さい。

簡単に前回までをまとめると。。。

・私(夫)が今まで経験してきたユニットバスは浴槽の側面(エプロン)が外れ、内部のカビとの戦いが大変だった。

・その為、『ユニットバス』=『カビる。手間がかかる。』というイメージが強かった。

・だから『在来浴室』を選択しようとしていた。

・でも現在のユニットバスのほとんどは内部が見えない構造。

・しかし浴槽、壁、天井、床の裏側に湿気が入り込み、カビの温床になっているのは変わらないんじゃないか?
(これは勝手な妄想です)



では在来浴室はどうなんでしょう?

良く在来浴室で施工されるタイルでは目地がカビると言われますし。。。

木材も(檜はカビにくいとは言われますが。。。)やっぱりカビます。

在来浴室の場合。。。
要は使用する素材によって全然変わってくるのでしょう。

『ユニットバスはカビるので~』と説明してくれたビルダーさんでは『ジョリパット』を壁や天井に使用しているようでした。
C社では却下されましたが。
(どなたかジョリパットで在来浴室を施工された平しゃいましたらご感想を是非頂きたいです。)

素材の話とは異なりますが。。。
↓のようなサイトも参考にしました。

株式会社 アズインテリアアーキテクト


こちらも在来浴室を施工されている業者さんですが。。。
浴室使用後にいかに水分・湿気を取り除けるかが重要という考え方ですね。
窓の位置・窓を開けられる環境に配慮しているようです。
こちらもユニットバスのほうがむしろカビやすいと言い切ってますが。。。
根拠が曖昧ですね。



結局どちらがカビづらい?

散々調べつくしましたが。。。私の中で結論は出ませんでした。
結局は条件によると思います。


結局我が家はどちらを選んだ?

浴室にこだわりがない私達(コチラ参照)が。。。
根拠も無いままコストをかけてまで『在来浴室』を選ぶ勇気は無かったです。
ユニットバスを選択し。。。設備にもこだわりがない為、掃除のしやすさのみを基準に選び、コストも思いっきり削減しました。
(要はケチったんですね。笑)

選択したのはpanasonicのココチーノSです。
何の変鉄もない仕様なので今後もほとんどピックアップされることは無いでしょう(笑)

ただ。。。
ユニットバスにしても在来浴室にしても換気は非常に重要だと考えられる為。。。
浴室~隣接する洗面所において、湿気をなるべく残さない工夫はしています。

その辺りは洗面所の記事で解説していこうと思っています。

お風呂は↓も参考にして下さい

にほんブログ村 トラコミュ WEB内覧会*お風呂へ
WEB内覧会*お風呂


建築家との家づくりは↓も参考にどうぞ

にほんブログ村 トラコミュ 建築家と家作りへ
建築家と家作り


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

プロフィール

ごましお5

Author:ごましお5
私・妻・2歳の息子の3人家族です。

群馬県で家づくり進行中。
現在までの経緯は過去の日付にて更新しておりますので最新記事には表示されません。
カテゴリの「過去」からご覧ください。

我が家のタイトルは(仮)です。
フラットハウスを語っていますが、実際はわずかな2階スペースと子供部屋ロフトがあるため、(ほぼ)平屋というのが正しい表現です(笑)。

見どころは…
◆3つの中庭とウッドデッキ屋根
◆ジョリパットの外壁にガルバリウムの片流れの大屋根の組み合わせ
◆広めにとった玄関にネイビーのタイル
◆(ほぼ)全面珪藻土の内壁
◆オークの無垢フローリング
◆珪藻土とステンレス天板のゲート型造作キッチン
◆動くガラス扉のあるキッチンのオープン収納
◆照明【mayuhana/ヤコブソンランプ/Poker by Fog&Morup…etc】
◆家具【No.42 by カイクリスチャンセン/GE 370 by ハンスJウェグナー/shoemaker stool…etc】

…などなど。少しづつ詳細を明かしていきます。
一つでも気になる方がおりましたら、継続して読んでいただけると嬉しいです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。